その他

横浜スタジアム6千席増の増築・改修工事竣工 (2020年3月1日)

横浜スタジアムは、横浜公園野球場、ゲーリック球場、横浜公園平和野球場と名称を変え、長きに渡り多くの横浜市民や全国の野球ファンの皆様に愛され、そして支えられ変貌を遂げてきました。

 

昭和53年(1978年)のオープンから、時代の変化やお客様のニーズに合わせ、幾度となく様々な改修を繰返して参りました。

 

しかし近年、施設の老朽化に伴い、競技環境や観客サービスレベルの低下が課題となっていたことと合わせ、ここ数年は横浜DeNAベイスターズ戦のチケットがなかなか手には入らないという状況が続いていることから、少しでも多くのお客様にご来場いただき、より快適な環境でご観戦いただけるよう、増築・改修計画を進め、2017年秋より約6千人を増員する大規模な増築改修工事に着手いたしました。

 

本工事により地域の方々をはじめ横浜公園をご利用の皆様にはご不便、ご迷惑をおかけしましたが、様々な方々にご理解・ご協力を頂いたおかげで、2020年2月に約3年の工事期間を経て無事竣工を迎えることができました。

 

ここ横浜スタジアムを本拠地とするベイスターズは、2017年この球場に移って40シーズン目という節目に19年ぶりに日本シリーズに進出し、ますます地域ファンの皆さまに期待を持っていただけるチームになったのではないかと思います。

 

新しく生まれ変わった横浜スタジアムも変わらず関内·関外地区の賑わいに寄与し、多くの皆様に長く愛していただけるよう努めてまいりますので、引き続き宜しくお願いいたします。                                                                                                                                              (令和2年2月29日竣工)

 

 

工事についてのお問い合わせ先

清水・馬淵・大洋共同企業体

電話番号:045-323-9680 (工事事務所)