Logo YDB
Home 横浜スタジアムについて

横浜スタジアムについて

会社概要

会社名

株式会社 横浜スタジアム  /  Yokohama Stadium Co.,Ltd.

所在地
場 :  〒231-0022 横浜市中区横浜公園
事務所 :  〒231-0015 横浜市中区尾上町1-8 関内新井ビル7F
電話番号

045-661-1251(代表)

0180-994-458(テレドーム=試合経過・結果等案内)

FAX

045-664-7011

代表者

代表取締役社長  藤井 謙宗

設立

1977年2月19日

資本金

34億8千万円

従業員数

50名(2020年7月1日現在)

事業内容
  • 野球その他スポーツのための施設の管理運営及び賃貸
  • 各種催し物等のための施設の管理及び賃貸、各種催し物の企画・開催・施設内の広告販売及び放送放映に関する業務
  • 施設内における飲食物等の販売及び食堂の経営
  • 施設内における酒類の販売及び製造たばこの小売
  • 横浜市よりの横浜スタジアム施設の管理受託業務
mark

シンボルマークについて

横浜スタジアムのシンボルマークは、昭和52年一般公募し、最優秀の作品を採用しました。 イメージは、「空を飛ぶかもめに円をあしらい、かもめは円形の球場と横浜の頭文字(Y字)を表現し、円は野球をはじめとした球技をあらわしている」と多目的球場にふさわしいスポーツ施設のデザインとなっております。

施設概要

球場構造

球場面積

35,300m²

球場構造

鉄筋コンクリート造・鉄骨造4階

収容人数

35,384人(プロ野球開催時最大34,046人)

グラウンド

グラウンド面積

12,300㎡

両翼

94m

センター

118m

フェンスの高さ

外野5m (上段:ビジョン2m、下段:多重緩衝フェンス3m)

人工芝

フィールドターフ

フィールドターフ社製「フィールドターフHD(ハイデュラ)」

パイル材質

ポリエチレン

充填材

硅砂、ラバーチップ

カラー

ストライプ模様、一部アンツーカ色

芝丈

63mm(うち充填材40mm)

敷設年月

2018年3月

ピッチャーズマウンド

規模

直径7m

上下移動幅

1m(油圧装置)

上昇時間

1分30秒

最大荷重

25t

昇降方式

自動昇降式

屋内練習場

建築面積

1,023m²縦 26.2m、横 38.7m、高さ 9.5m

延床面積

963m²

照明塔

高さ

43.2m

電気容量

6基   514.8KVA

光源

フィールド照明  白色LED投光器(高演色形)(760W  660灯)

観客席イベント用保安照明  電球色LED投光器(80W 24灯)

観客席非常照明  ハロゲン電球(500W  36灯)

照度(全点灯)

バッテリー間  2,750LX(維持照度)

内野  2,000LX(維持照度)

製造

岩崎電気株式会社製

メインスコアボード

表示

全面フルカラービジョンLED(高輝度低消費電力)使用

規模

横 25.4m × 縦 9.906m(1073インチ)

絵素ピッチ

15.88mm

視認角度

水平  ±70度、垂直  上15度 ・ 下55度

導入年月

2013年3月

製造

ソニービジネスソリューション株式会社製

※スポーツ競技(野球・アメフト等)へのスコア表示に加え、スクリーン全体への映像表示が可能

サブスコアボード

表示

フルカラービジョンLED(高輝度低消費電力)使用

規模

横 10.24m × 縦 1.92m

絵素ピッチ

20mm

画面輝度

6,000cd/m²

視認角度

水平  ±70度、垂直  上20度 ・ 下60度

導入年月

2013年3月

製造

ソニービジネスソリューション株式会社製

※スコア表示に加え、固定パターン等も表示可能

LED帯状表示装置

表示

フルカラーLED 3in1SMD

規模

横 76.8m × 縦 1.92m(レフト・ライト共に)

絵素ピッチ

16mm

画面輝度

6,500cd/㎡

視認角度

水平  ±80°、垂直  上40°・下62°

導入年月

2019年3月

製造

三菱電機株式会社製

※デジタル信号処理で文字、グラフィック、映像等が表示可能。屋外仕様

バックネット裏LED

表示

フルカラーLED 3in1SMD

規模

横 2.56m × 縦 2.24m(1面) 横 1.6m × 縦 0.32m(2面)

絵素ピッチ

6mm

画面輝度

2,500cd/㎡

視認角度

水平  ±65°、垂直  上50°・下60°

導入年月

2020年3月

製造

三菱電機株式会社製

※デジタル信号処理で文字、グラフィック、映像等が表示可能。屋外仕様

横浜スタジアムの歴史