その他

ナイター照明設備のLED化について (2015年1月21日)

日本プロ野球 屋外球場 初 ナイター照明設備のLED化について

2015年1月21日

 

株式会社横浜スタジアムは、2015年シーズンよりナイター照明設備について岩崎電気株式会社のLED投光器および照明システムを導入します。

 

プロ野球の屋外ナイター照明設備が、全面的にHIDからLED化されるのは日本初となります。プロ野球のナイトゲームは、横浜スタジアムの前身である横浜公園球場(横浜公園平和野球場)で1948年に初めて開催されましたが、その跡地に1978年に建設されたのが『横浜スタジアム』です。1978年に開場した当初のナイター照明は、メタルハライドランプ1000Wと高圧ナトリウムランプ700Wの混光照明でした。2000年~2001年にハイビジョン対応と照度アップのため、メタルハライドランプ1500Wの高演色形と高効率形に全面的に改修されました。今回のLED投光器の導入で、より高い省エネ性の実現と照明環境の向上を両立することが可能となりました。

 

LED化の内容は、既設のメタルハライドランプ1500W投光器708台を、効率の高い高演色形LED投光器660台に交換し、総消費電力を56%削減するものです。器具数量を減らしながらプロ野球開催に必要な照度を既設と同等以上確保し、初期照度補正機能によって設置初期から寿命末期まで設計照度を保ちます。プロ野球で必要な空間照度や照度均斉度も向上させ、まぶしさも既存照明より抑えています。ハイビジョン撮影に対応した平均演色評価数Ra80のLEDを採用し、スーパースロー再生で用いられるハイスピードカメラ撮影時の「ちらつき」も独自の電源回路設計によるフリッカレス点灯で防止しています。LED照明ならではの瞬時点灯・瞬時再始動が可能で、調光機能(100%~25%)も組み込んでいるためイベントなどで照明の活用範囲を広げることも期待されます。LEDモジュール寿命は、40,000時間(光束維持率85%時)で既設の1500Wメタルハライドランプ(定格寿命6,000時間)の約6.6倍の長寿命です。

 

1.LED投光器の特長

①高い省エネ性と調光機能

・業界最高レベルの高効率のLED投光器(固有エネルギー消費効率111.8 lm/W)を採用

・初期照度補正機能により、設置初期から寿命末期までの余分な消費電力を削減

・調光機能(100%~25%)により、必要に応じて明るさの調節と消費電力削減が可能

 

②スタジアムの照明環境の向上

・既存照明同等以上の可能な明るさを確保すると同時に、空間照度・照度均斉度を向上

・まぶしさ(発光面輝度)を既存照明より低減

 

③高度なテレビ撮影に対応

・ハイビジョン撮影に対応した平均演色評価数Ra80のLEDを使用し、自然な色の見え方を再現

・ハイスピードカメラ撮影の際の「ちらつき」を独自の電源回路設計により、フリッカレス点灯で防止

 

④高い安全性能

・誘導雷サージによる故障を防止するために「耐雷サージ電圧15kV(コモンモード)」を搭載

・前面カバーに野球の硬式ボールが時速130kmの速度で衝突しても耐えられる強固なポリカーボ

ネートを採用

 

2.LED投光器の仕様

1501LED仕様表

 

■このリリースに関する 岩崎電気へのお問合せ先
岩崎電気株式会社 管理本部 広報宣伝室
TEL:(03)5847-8621 / FAX:(03)5847-8644