横浜スタジアムの歴史

歴史をひもとくと、日本の野球の歴史がある。

1874年(明治7年) 居留外国人のクリケットグラウンドの着工
1874年(明治7年)
1876年(明治9年) 横浜彼我公園竣工(中央部にクリケットグラウンド)
1896年(明治29年) 日本初の国際野球試合が行われる
旧制第一高等学校 vs 横浜在住米国人チーム

1回戦 29 対 4
2回戦 32 対 9 といずれも旧制第一高等学校が大勝
1899年(明治32年)
YAC戦に出場した旧制第一高等学校の選手たち
1899年(明治32年) 日本で最初の国際対抗ラグビー(慶応大学 vs 横浜在住米国人チーム)
1909年(明治42年) 公園名を、横浜公園と改称
1910年(明治43年) 公園内を全面的に大改修(日本風の築山林泉型)
1910年(明治43年)
明治末期の横浜公園噴水
1923年(大正12年) 関東大震災による被災者の仮収容所が設けられる
1925年(大正14年) 震災復興事業の着工
1929年(昭和4年) 関東大震災復興事業の一環として「横浜公園球場」が竣工
こけら落としの早慶新人戦にスタンド満員の15,000人観衆を記録
1929年(昭和4年)
1934年(昭和9年) ベーブ・ルース、ルー・ゲーリック率いる米大リーグオールスター来日
全日本は 4 対 21 の大敗
1934年(昭和9年)
二人の偉業と日米プロ野球の歩みが、日本で唯一横浜スタジアムのスタンドに
「メモリアルレリーフ」として記されています
1934年(昭和9年)
1945年(昭和20年) 終戦で駐留軍に接収され「ゲーリック球場」と命名される
日本初の夜間照明塔が完成
1945年(昭和20年)
昭和9年11月18日 ホテルニューグランド前にて
1947年(昭和22年) 日本で最初の女子野球「オール横浜第1回女子野球」開催
1948年(昭和23年) 日本プロ野球初のナイトゲームが開催(巨人 対 中日)
1948年(昭和23年)
1952年(昭和27年) 平和条約締結とともに公園内の一部を除き大部分が駐留軍の接収を解除され横浜市に返還
1955年(昭和30年) 球場改修にともない「ゲーリック球場」から「横浜公園平和野球場」と改名
1970年(昭和45年) 球場老朽化のためスタンドの上半分を使用禁止し収容人員を半分に減らす
1972年(昭和47年) 横浜平和球場再建推進協議会が約186,000人の署名を集め球場再建陳述書を提出
1976年(昭和51年) 発起人初顔合わせ会で実現に踏み出す
1977年(昭和52年) 2月 株式会社 横浜スタジアム設立
4月 新球場の工事着工
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年) 4月4日 わが国初の多目的スタジアムが横浜大洋対巨人でこけら落し
日本プロ野球では21年ぶりのフランチャイズ新球場の誕生
1998年(平成10年)
当時のチケット
1998年(平成10年)
前年新人王・斉藤明 vs 王の対決
歴史的こけら落としは斉藤明の完投で 4-1 で巨人を下した

1998年(平成10年)
両軍スターティングメンバー
1993年(平成5年) 横浜大洋ホエールズから横浜ベイスターズに名称を変更
1998年(平成10年) 横浜ベイスターズが、38年ぶりの日本一に輝く
1998年(平成10年)
2003年(平成15年) 天然芝により近い新人工芝フィールドターフを導入
2003年(平成15年)
2005年(平成17年) 内野のネットが低くなり、臨場感あふれる観戦が可能となる
2007年(平成19年) 株式会社 横浜スタジアム創立30周年を記念し、バックネットエリア座席を2,000席削減、
ゆったり快適に座れる新シート「ベイブルーシート」を新設
2007年(平成19年)
2008年(平成20年) 球場開場30周年を迎える
2012年(平成24年) 横浜ベイスターズから横浜DeNAベイスターズに名称を変更
外野フェンス上部にリボンビジョンを設置
2012年(平成24年)
2013年(平成25年) スコアボードを全面フルカラーLEDへ変更
2013年(平成25年)
2015年(平成27年) 照明塔をLEDに変更
バックスクリーン下にDREAM GATEを新設
2015年(平成27年)